オンラインスロットのルール

日本のパチスロに慣れている方は最初少し戸惑うかも分かりませんが、オンラインスロットのルールを覚えてしまうと楽しく遊ぶことができます。

基本的なことは、賭け金の設定、線上に同一絵柄が並ぶと配当がもらえるペイライン、他の絵柄の代わりとなり勝利を導いてくれるワイルド絵柄、ガッツリ稼ぐチャンスがあるボーナスゲーム突入に必要なスキャッター絵柄の機能などです。

通常スピン

まずは1スピンあたりいくら賭けるかを設定します。金額を上げると勝てない時に手持ち資金がなくなるスピードが早いですが、勝った時の配当は大きくなります。その他、設定と言えば自分で毎回ボタンを押してスピンするのかオートスピンを設定して自動でスピンするのかを決めます。長くプレイするならオートスピンが便利です。回数も30回とか50回とかえらべます。

次に覚えることはペイラインです。機種によってペイラインの数は違いますが、ほとんどの機種ではペイライン上に左から3個以上の同一絵柄が並ぶと配当成立です。機種によっては2個以上、左からでも右からでもOKとかもたまにあります。もちろん、4個、5個と並ぶ数が増えると高配当になります。また上から絵柄が落ちてくる「落ちゲー」と言われる機種にはペイラインがなく、上下左右斜めなどに絵柄が集まれば配当成立となったりもします。

通常ビデオスロットには高位絵柄と低位絵柄があり、高位絵柄がそろって勝利すると配当額が大きくなりますが、低位絵柄がコンスタントにそろうと手持ち資金が極端に減らないというメリットもあります。その他多くの機種に採用されているのが、WILD絵柄で、通常絵柄の代わりとなり勝利の組み合わせを成立させます。またWILD絵柄そのものが高位絵柄でもある場合が多いのでゲームの鍵を握っている大切な絵柄と言えるでしょう。

ボーナスゲーム

WILDとともに鍵を握る大切な絵柄は、多くの機種で採用されているスキャッターです。スキャッター絵柄がペイライン上とか関係なく、リール上どこでも良いので3つ停止するとボーナスゲームがトリガーされる機種が多いです。どの機種もスキャッターが2つ停止してリーチがかかると効果音が鳴り出し、「もう一つ止まれ!」とドキドキさせる演出がされています。

ボーナスゲームは勝利の鍵を握るほど一気に稼ぐチャンスです。機種によって異なりますが、ボーナスゲームでは10回程度のフリースピンが与えられます。ボーナス中はWILDが多数現れたり固定されたり拡張されたり動き回ったりするので、面白いように配当が成立します。その他、機種によっていろいろとルールは違うのですが、定められたルールを満たすと追加でフリースピンをゲットしたり、勝利した時の配当倍率が上がったりもします。

まずは無料でプレー

特に最新機種はいろんな機能満載でルールを覚えるのも大変です。ルール説明が乗っている画面に切り替えることもできますが、たまに全て英語だったりします。そんな時は機種で検索すればプレイ方法の説明は日本語で見つかると思います。

説明を読んでも分かりにくい時もあるので、ほとんどのオンラインカジノでは無料でお試しができるので、まずはお金を賭ける前に無料で遊んで見るとルールもわかってきますし、勝てそうか勝てそうにないかも分かると思います。見極めの一つのポイントとしては、ボーナスゲームが発動するまで何回スピンが必要でどのくらいの資金が必要かなどを確認すれば良いと思います。スロットは面白いのでぜひお試しください。