オンラインスロットの戦略

日本ではパチスロで遊ぶ方も多いでしょう。しかしまずご理解頂きたいのはパチスロとビデオスロットは全く別物なので、それを踏まえてオンラインスロットの戦略を考える必要があります。

大きな違いはパチスロに比べてビデオスロットは簡単には勝てないという点です。しかし、いったん勝てば時には億単位の大勝利ということもあり得ます。すなわちビデオスロットは短期決戦ではなく可能な限り回し続ける方が良いと言えるでしょう。

最低限知っておくべき基本

  • 機種選びのコツ
  • 賭け方のコツ
  • 肝心の戦略は
  • 自己管理を徹底
  • こんなスロットには注意

スロットにはペイアウト率というのが設定されておりますが、100%のお金を注ぎ込んだ場合何%戻るかという意味です。パチスロは93~120%ですが、ビデオスロットは93~97%です。この数字でビデオスロットが勝ちにくいことは分かりますが、少しでも%が高い機種を選ぶべきと言えます。短期勝負ではなくできる限り多く回さないと勝てません。そこで大切なのはコイン設定です。1スピンにいくら賭けるかを設定できるのですが、もちろん金額が多い方が勝てばリターンも大きくなります。そこで自己資金と相談しながらできるだけ長くプレーすることを重視して設定する方が良いでしょう。稼ぐチャンス到来のボーナスゲーム突入するまでに残高が底をついてしまうなんて最悪ですし。

肝心の戦略ですが、絶対に勝てる必勝法は存在しません。ただ一つ言えることは、常に同じ金額を賭け続ける「固定ベット戦略」と、あまりペイアウトがない場合ベット額を変える「プログレッシブベット戦略」があります。ベット率を変えると「ヒット率」が変わると言われています。ずっと勝ち続けるゲームは存在しませんので、賭け方に強弱をつけて運を引き寄せるということもテーブルゲームと同じように大切だと思います。

あとはギャンブルで大切なことは自己管理です。負け続けている時に「今日は無理!」と見切りをつけてすぐに止めること、勝てない時はお気に入りの機種でも、別の機種に切り替えるなども大切です。それからもっと大切で難しいことがあるのですが、勝ってる時のやめ時です。せっかく勝ち続けてけっこう稼いだのに、そのまま続けていると勝利したお金を全てなくしたといった経験は誰にでもありますよね。絶好調の時に止める勇気も大切。すなわち熱くなりすぎないようにということですね。

怪しいカジノには要注意

厳しい審査を受けてライセンスを持って運営されているカジノではクラスIIIのビデオスロットが使用されています。しかし中にはクラスIIという機種を使用しているオンラインカジノもあります。

クラスIIのスロットは高額のジャックポットが当たることもないですし、ペイアウト率もデタラメです。例えばラッキーカジノやギャンボラのような厳しい審査を受けてライセンスを取得しているオンラインカジノだと安心です。くれぐれも怪しいカジノに引っかからないように注意して楽しんでください。